カトリック麹町 聖イグナチオ教会で行われている講座の一つ、シスター杉原講師によるキリスト教信仰入門講座についてのご案内です。

お知らせ

1月「祈りの集い」ご案内

杉原講座OB・OG会の皆さま 新年おめでとうございます。この一年も、主が、祈りの分かち合いを通して、皆さまを豊かな恵みと平安で満たしてくださいますように、お祈りいたします。さて、1月の「祈りの集い」を下記の通り行いますの …

新年のお慶びを申し上げます。

援助マリア会 杉原法子 主のご降誕の喜びのうちに、新しい年をお健やかにお迎えのことでしょう。  昨年、フランシスコ教皇様を日本にお迎えできたは大きな喜びでした。いただいた呼びかけに応えて、すべての命を大切にできる社会の実 …

クリスマスメッセージ

見よ、乙女が身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。 マタイの福音(1:18-24)イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に聖霊によって身ごも …

マリアの無原罪の宿り

12月8日はマリア様の「無原罪の御宿り」の祭日です。今年は待降節第2主日と重なったため、9日月曜日に祝われます。マリア様は特別な恵みによって、その存在の最初の瞬間から、あらゆる罪から守られていました。神の子イエスの母とな …

待降節

教会の典礼歴は12月1日から待降節に入り、新しい年を迎えました。待降節を英語で「アドベント」と言いますが、元はラテン語で、「到来」を意味します。待降節は神の御子の来臨であるクリスマスを準備する期間であり、また同時に、終末 …

聖フランシスコ・ザビエルの祝日に

信仰の擁護者である聖フランシスコ・ザビエル、あなたは主の恵みによって、感嘆すべき信仰の恵みをもって、多くの人々を信仰に導かれました。神のみが唯一の真理であることを、私たちに固く信じさせてください。また、まだ信仰に恵まれて …

教皇フランシスコの残された宿題

教皇さまの足かけ4日間の日本滞在は、大きな恵みと感動の内に終わりました。 まず、教皇様を日本へ送ってくださった神様への感謝、つぎに、教皇様の滞在が無事であったこと、日本に大きな恵みを残してくださったことを感謝します。何よ …

19年度【聖フランシスコ・ザビエルの祝日 ノベナの礼拝】

1549年8月15日、聖フランシスコ・ザビエルが日本に渡来し、初めて神の福音を述べ伝えた日は、聖母の被昇天の大祝日でした。ザビエルが多くの犠牲を払ってはるばる日本に来たのは、日本の我々に神の福音を伝えようとする以外に目的 …

「王であるキリスト」の祭日

ルカ23・35-43「その時、議員たちはイエスをあざ笑って言った。『他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救が良い。』兵士たちもイエスに近寄り、酸い葡萄酒を突き付けながら侮辱して、言った。『お前が …

英神父様講話(2019/10/19)

2019年10月19日(土) に行われた半日黙想会の前に、ヨセフホールで英神父様に頂いた御講話の内容を書き起こしました。 それではですね洗礼を受けた方々ということなので信仰生活をどう生きていくのかということについて少し参 …

お知らせ

ニュースレターを購読します

お知らせに追加があった時にメールで通知します。

PAGETOP